乳児湿疹はママのケア次第ですぐ治る|Babyに聞く!子育て豆知識

赤ん坊

万能アイテムで保湿ケア

家族

ベビーオイルは赤ちゃんの肌を保湿するだけのものではありません。ベビーオイルを使用すると、赤ちゃんの鼻や耳、おへその掃除が無理なく施せます。赤ちゃん用の細い綿棒にベビーオイルを1滴ほど垂らし、優しく鼻の中や耳の中をコチョコチョとマッサージをします。そうすると固い鼻くそや耳垢も、手軽に取ることができるのです。このとき、赤ちゃんが動きまわらないように注意しましょう。また、ベビーオイルはおむつ替えをする際にも使用できます。排便をした後、おしりには便が付着しています。おしり拭きなどで無理に擦ってしまうと、赤ちゃんのデリケートな肌はすぐに荒れてしまいます。その際、ベビーオイルを使用して汚れを落とすと、汚れが浮き上がり綺麗に落とすことができるのです。汚れを落とすのと同時に、保湿ケアも施せるので、赤ちゃんにとっても忙しいママにとっても安心です。

また、ベビーオイルは赤ちゃんのみならず大人に使用することも可能です。赤ちゃんが口に加え、力強く吸うことで乳輪や乳頭は荒れてしまいます。乾燥しやすい箇所でもあるので、多くのママが痛痒いなどの悩みを抱えています。そんなときはベビーオイルでケアをしましょう。ベビーオイルなら優しくケアすることができるので、皮膚が薄く荒れやすい乳輪や乳頭にも安心して使用できます。ヒリヒリとした刺激を受けることなく、しっかりと保湿できるのでママの強い味方になってくれます。また、ベビーオイルが必要なくなった際や、余ってしまった際は、ママのスキンケア用品として活躍します。メイク落としにベビーオイルを1滴から2滴ほど垂らし、洗顔をするとしっとり肌へと仕上げることができます。また、乳液や化粧水にベビーオイルを混ぜて使用する人もいます。赤ちゃんといっしょにママもスキンケアができるので、最後まで使い切ることが可能です。このように、ベビーオイルは万能アイテムとして、今では高く評価されているのです。